初釜

色々な新年の行事がありますが、茶道の世界の新年の初稽古

というか新年会みたいなものがあります。

それを初釜(はつがま)と言います。

炭点前、懐石料理、濃茶点前とほぼ一日かけて行われます。

 

私の実家が茶道教室の為、毎年お手伝いをしますが、

粛々とした雰囲気もありながらの懐石を頂くときは

お酒で盛り上がります 🙂 

結局、お酒🍻ということですね(笑)

 

 

床の間は葉牡丹となでしこです🌹

 

 

お正月らしいしつらえです。

 

 

一般の懐石とは別にお重まであります!

今回の盛り付けは今春から東京恵比寿のメディアにも

よく出る懐石料理のお店に就職する若者です!!

豪華~~!!

 

こんな感じで初釜を過ごしました!

このサイトを共有する